生理前 おなら

生理前におならがふえている気がするけど、気のせいでしょうか?

生理前,おなら

女性だったら毎月来るのが月経です。月経前はイライラしやすくなったり腰痛が起きたりと、普段では起こらない症状が出てくるので疲れやすくなりますよね。月経前の症状は人によって出る出ない、出た時の症状の強さも様々です。

 

その中で言われることがある症状の一つとして、「普段に比べて、おならが増えている気がする」というお声です。

 

でもそれは本当に増えているのでしょうか?そして増えているのであればどうして増えているのでしょうか?

 

その内容について分析してゆきます。

 

結果としては増えています。

 

その理由として女性ホルモンの黄体ホルモンと言われるプロゲステロンの影響です。ホルモンの影響を受けて腸の動きが悪くなることで、おならがよくでるようになります。

 

まず女性にはホルモンが2種類あります。そのホルモンの量によって生理がおこるようになっています。ホルモンの種類が、エストロゲンと言われる生理をこさせるためものがあります。もう一方がプロゲステロンと言われる生理が来ない間に多く出ているホルモンです。

 

おならが増えている気がするというものにはホルモンが大きな影響をもっています。この影響をしているのがプロゲステロンと言われる黄体ホルモンです。プロゲステロンは妊娠を助けるための機能を果たしているのですが、妊娠すると体に水分が必要になります。

 

妊娠に備えて、腸では少しでも水分を吸収しようとします。だからこそ水分が減った便は固くなって、体外に排出しにくくなって便秘になります。そうなると短い期間とはいえ腸の動きが悪くなります。腸の動きが悪くなると、ガスがたまりやすくなります。溜まりやすくなっても、溜めるのには限度があるのでよくおならが出てくるということに繋がります。

 

やはり月経は毎月来るものですし、どうしようもないことかもしれません。でも出来ることと言えば、腸内環境を良く保つために野菜中心の食生活などを心掛けることも大切だと言えます。